トップイメージ
自動車を所有するあなたでしたら分かっていると思いますが、自動車税というものが徴収されます。それでこれは手放す自動車買い取りの際に普通に戻ってくるものなのです。このような事は実際に実行したらすぐ理解できますがそれでは最初から順に案内していきます。一応記載しておけば日本で生産されているクルマだけに限らずアメ車等も還ってくることになります。当然ですが中古車なども当てはまります。自動車の所有者が支払わなければならないもので、この金額はそれぞれの排気量の大小によって定められています。1リッター以下なら29500円となり1リッターより上で1.5リッター以下の場合34500円。これ以降は500cc毎に5000円が乗ってきます。そしてこの金額は4月1日時点の所有者が、来年3月までの全額を納めることになります。ということは事前納付になるので、もちろん自動車を売却して、所有権がなくなった際では先払いした分の金額は還付されるんですね。この自動車税は事前納付でその年度の税金を納付しますので年度内にクルマを手放した場合は、新しい保有者がお金を支払わなければいけないのです。買取先が中古車買い取り専門店の場合は売却時にあなたが支払いすぎた税額を返金してもらえます。要は、所有者でなくなった際以降の税額は、入れ替わったオーナーが払わなければなりません。あなたが10月のうちに自動車を買い取ってもらった際は11月から次の年の3月中までの自動車税は還付されます。というのも前述の通り自動車税というのは前払いであるという事実からも明らかです。つまり売却者は売却先に税金を返金してもらうということになります。個人間で自動車を引き取ってもらうときに意外とこのような重要な事実に気付かない方が多くいるのでぜひ確認をとるようにしてください。自動車税という税金はクルマを売却すると返金されることをほとんど知っている人が少ないからと言ってその事実を悪用している悪徳業者もいます。自分から自動車税に関しての話をしなければ、完全に税金のことに触れないということもしばしば聞かれます。そのためクルマの買取をする時には、自動車税が返還されるか否かを確認することを忘れないようにしてください。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.mygothicrave.com All Rights Reserved.