トップイメージ
換金目的をもって新幹線等の乗車チケットの類をいっぱい決済する)カードショッピング枠のキャッシュ化を使用しないで、現金化を目的としてクレジットカードを利用する行為も同様。キャッシュに変えることを目的としたクレジットカードの決済であると、クレジットの契約内容違反に繋がってしまうからです。必要以上の列車の旅券・切手購入によるクレジット決済については、最悪の場合現金化が目的か??と睨まれる恐れなどもありますので注意することを要します。さらに、すでにキャッシング利用枠というものがいっぱいとなられてしまっているユーザーの場合列車の回数券を購買しようとするだけでも発行会社の係から確認の電話が来る事例があるため、金欠時のカード払いについては不可能になると思われます。キャッシュに余裕が無い場合に企む手段はみんな同様なのだろう。クレジット発行会社に喜ばしくない使用をしてしまうこと:以前流行っていた『永久機関』といった発行会社にとって微塵も利益とならないルールに違反した使用方法を行った場合には、クレジットカードの発行会社によって強制失効になる事実というのもあるのです。ネット上で出ていたクレジットカードポイントの不正入手などの世の中には流れていないやり方などというものが存在しても、これらの方法については間違えなくクレジットカードの規定に反することであるわけだからどんな理由があっても使用しないようにしないほうがいいです。失効させられた契約情報は他のカード会社へ知られる>クレジットを強制没収させられてしまっても、別のカードは使用できるんだから、一つなら心配ないのでは??などと考える人、今の情報流通社会においてはその考え方が命取りになる危険性もあるのです。というのもまず強制失効扱いとなる状況には、クレカの会社各社が見ることが可能な個人情報へ強制退会の契約情報が通達されることにより利用者の信用力というものが急落する事態があるからです。所有するたったひとつであってもカードを強制退会扱いとなった場合他のクレジットも契約しにくくなる場合もありますしともすると他に有しているクレジットまで強制退会扱いになる場合もあるでしょう。強制退会は免れてそのまま利用出来る際でも使用期限満了の際に自動退会となると考えられます。兎にも角にも何度も何度も記載しましたが強制失効させられるような利用の仕方はどんな理由があってもすることがないよう、規約を守ってクレジットをご利用頂きたいと考えています。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.mygothicrave.com All Rights Reserved.