トップイメージ
日刊紙の広告、電柱に配布された広告やダイレクトメールで、「債務の整頓手伝います」「負債を統合したいと思ったら」と書かれた惹句を目に入れることがあります。このようなものは、「片付け屋」「買取人」「紹介屋」という名称の業者の嘘広告のときが存在します。このようなものを申し込んだときには破産申請プロセスの中で一番大切な免責許諾を受けられない危険性が存在します。「整頓業者」というのは、DMなどで債務者を引き寄せ法外なサービス料を受け取って債務整理をしますが、結局のところ債務整頓は行われず、債務人は借金スパイラルにはまる結末がほぼ全部と予想されます。「買取専門屋」は、負債者の分割払いで、デジタル用品、何らかの券を山ほど買わせて債務者から買った品を買った値段の30%ー額面半値で買い直すという手段をとっています。負債者は短期にはキャッシュがもらえますが、いずれクレジット業者経由で品物の販売額の支払いがくることになり、実際のところ借金額をアップさせるだけです。この場合、カード会社相手の詐欺に当たるとされてしまい免責許可を受けられません。「紹介業者」の場合は、有名なサラ金から断られるようになった債務人に対し自分では融資は全くせずに、融資をしてくれる別な業者を呼び出し、すさまじい費用を取っている業者です。紹介業者は自らの手引きで貸出できたかのように会話しますが、現実には何もしないまま単純に審査の緩やかなルートを伝えているということなのです。この場合だと実際のところ借金額を増やす結果となります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.mygothicrave.com All Rights Reserved.